雨ふって空はればれ?
rainofsun.exblog.jp
しばらくぶりです。さいきんはほどよく培養されてます。
Top
早朝4時~6時
2009年 01月 11日 |
この時間帯がなんなのか、お分かりいただけますでしょうか。
在住中の一部地域にて、おとといくらいに降ったそうな雪の時間帯のお話です。
この日私は朝から学校でしたが、家が近いのもあり、朝からといえども起きるのは8時。

外を見て地面がぬれており、そしていつもと違う寒さを感じた私は、ピンときたわけです。幸か不幸か。
いつもと違う寒さを感じつつああさむい冬は寒いとMy bicycle(綴りうろ覚え)を走らせておよそ10分で学校に着き、すでに教室で待機していた友人達におはようと挨拶をすませ、そして言いました。

「今日、雪ふった?」

この一瞬はまったくもって全然意識してなかったのでそれはもう一瞬のできごとで別にじらされるとかどきどきするとかそんなこと全然なかったのですが、彼女はこういいました。

「うん、朝方4時から6時くらいかな?」

なんということでしょう。このとき私の頭の中には、ああそうなのかー、と冷静にながす部分と、昨日夜中の3時まで起きてなおかつ雪がふらないかなーと窓の外を定期的に眺めていた行動を思い出しなんてこったいと思う二つの部分が夢の競演をしておりまさにミルクとコーヒー、カフェオーレ並みの甘さと苦さが充満しておりました。
それから続けて、新聞奨学生ゆえに朝起きるのは夜中の1時という彼女は言うのです。

「バイクで配達するんだけどさ、後ろに積んでる新聞に気がついたらすごい雪がつもってて、手で払いながら配達したんだよー。寒かったー!」

なんということでしょう。こちとらバイクではなく自転車で後ろに荷物はありませんが荷台はついてるのに、雪どころか水分なんて若干の朝露と思わしきものしかついておりませんでした。
それをきいた私の隣の長机に座っていた彼は続けてこういいました。

「俺のところはそれよりは結構長くふってたかな。寒くて何度か目がさめて、外をみたら白かったよー」

朝は寒くてそれはもう私も目が覚めましたが目覚ましのなるほんの数分前でしたよしかも1回だけ。何回も寒さを覚えて目が覚めて、窓の外は雪でしたなんていう素敵な瞬間になんか一度も立ち会うことが出来ませんでしたジーザス。

どうしてこう、私がいない(実家に帰っている)ときや私が気づかない(ひきこもっている、課題をしている)ときや私が別のものを見ている(夢を見ている、寝ている)ときにしか雪さんは降らないのでしょうか。
たまたまPC整理しているときに見つけた、高校時代、近年まれに見る大雪に見舞われたときの写真と動画を発見しながらそう思いました。うわあいなつかしよ。


三連休なんぞ滅びてしまえ!を合言葉に(学校は土が学校日月がデフォで休みなので月曜が休みでも関係ないのだ!)今日も明日も雪を求めて強くいきます。
しかし、雪について熱く語っても雪国のお友達はとってもふーんという感じで、こっちの友達に雪ふってほしいねーといっても、寒いよ!嫌だよ!としか言われません。

なんてこったい
[PR]
by llrainyofsunnyll | 2009-01-11 17:16 | 日々是
<< 二月って… PageTop あけてますが >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon